タイプ: disk

注釈

disk デバイスタイプはコンテナと VM の両方でサポートされます。 コンテナと VM の両方でホットプラグをサポートします。

ディスクデバイスはインスタンスに追加のストレージを提供します。

コンテナにとっては、それらはインスタンス内の実質的なマウントポイントです(ホスト上の既存のファイルまたはディレクトリーのバインドマウントとしてか、あるいは、ソースがブロックデバイスの場合は通常のマウントのマウントポイント)。 仮想マシンは 9p または virtiofs(使用可能な場合)を通してホスト側のマウントまたはディレクトリーを共有するか、あるいはブロックベースのディスクに対する VirtIO ディスクとして共有します。

ディスクデバイスの種類

さまざまなソースからディスクデバイスを作成できます。
source オプションに指定する値によって、追加されるディスクデバイスのタイプが決まります:

ストレージボリューム

最も一般的なタイプのディスクデバイスはストレージボリュームです。
ストレージボリュームを追加するには、デバイスのsourceとしてその名前を指定します:

incus config device add <instance_name> <device_name> disk pool=<pool_name> source=<volume_name> [path=<path_in_instance>]

path はファイルシステムボリュームには必要ですが、ブロックボリュームには必要ありません。

また、incus storage volume attach コマンドを使用してインスタンスにカスタムストレージボリュームをアタッチするすることもできます。
どちらのコマンドも、ストレージボリュームをディスクデバイスとして追加するための同じメカニズムを使用します。

ホスト上のパス

ホストのパス(ファイルシステムまたはブロックデバイスのいずれか)をインスタンスと共有するには、ディスクデバイスとして追加し、sourceとしてホストパスを指定します:

incus config device add <instance_name> <device_name> disk source=<path_on_host> [path=<path_in_instance>]

path はファイルシステムボリュームには必要ですが、ブロックデバイスには必要ありません。

Ceph RBD

Incus は、インスタンスの内部ファイルシステムを管理するために Ceph を使用できますが、既存の外部管理 Ceph RBD をインスタンスに使用したい場合は、次のコマンドで追加できます:

incus config device add <instance_name> <device_name> disk source=ceph:<pool_name>/<volume_name> ceph.user_name=<user_name> ceph.cluster_name=<cluster_name> [path=<path_in_instance>]

path はファイルシステムボリュームには必要ですが、ブロックデバイスには必要ありません。

CephFS

Incus はインスタンスで内部のファイルシステムの管理に Ceph を使えますが、既存の外部で管理されている Ceph ファイルシステムをインスタンスで使用したい場合は、以下のコマンドで追加できます:

incus config device add <instance_name> <device_name> disk source=cephfs:<fs_name>/<path> ceph.user_name=<user_name> ceph.cluster_name=<cluster_name> path=<path_in_instance>
ISO file

仮想マシンには ISO ファイルをディスクデバイスとして追加できます。 ISO ファイルは VM 内部の ROM デバイスとして追加されます。

このソースタイプは VM でのみ利用可能です。

ISO ファイルを追加するには、そのファイルパスをsourceとして指定します:

incus config device add <instance_name> <device_name> disk source=<file_path_on_host>
VM cloud-init

cloud-init.vendor-datacloud-init.user-dataからcloud-init設定の ISO イメージを生成し、仮想マシンにアタッチできます。

このソースタイプは VM でのみ利用可能です。

そのようなデバイスを追加するには、以下のコマンドを使用します:

incus config device add <instance_name> <device_name> disk source=cloud-init:config
VM agent

エージェントの実行ファイル、設定ファイル、インストールスクリプトを含む agent 設定の ISO を生成できます。 これは 9p が非サポートでエージェントをロードする別の方法が必要な環境で必要です。

このソースタイプは VM でのみ利用可能です。

そのようなデバイスを追加するには、以下のコマンドを使用します:

incus config device add <instance_name> <device_name> disk source=agent:config

インスタンスルートディスクデバイスの初期ボリューム設定

初期ボリューム設定は新しいインスタンスのルートディスクデバイスに個別の設定をできるようにします。 これらの設定は initial. という接頭辞がつき、インスタンスが作成されたときのみ適用されます。 この方法はデフォルトのストレージプールの設定とは独立に、個別の設定を持つインスタンスを作れるようにします。

たとえば、既存のプロファイルに zfs.block_mode の初期ボリューム設定を追加し、このプロファイルを使ってインスタンスを作成する都度適用できます:

incus profile device set <profile_name> <device_name> initial.zfs.block_mode=true

インスタンス作成時に初期設定を直接指定もできます。たとえば:

incus init <image> <instance_name> --device <device_name>,initial.zfs.block_mode=true

カスタムボリュームオプションに初期ボリューム設定を使ったりボリュームのサイズを設定はできないことに注意してください。

デバイスオプション

disk デバイスには以下のデバイスオプションがあります:

キー

デフォルト値

必須

説明

boot.priority

integer

-

no

VM のブート優先度(高いほうが先にブート)

ceph.cluster_name

string

ceph

no

Ceph クラスタのクラスタ名(Ceph か CephFS のソースには必須)

ceph.user_name

string

admin

no

Ceph クラスタのユーザー名(Ceph か CephFS のソースには必須)

initial.*

n/a

-

no

デフォルトストレージプール設定と独立して個別の設定を許可するインスタンスルートディスクデバイスの初期ボリューム設定

io.bus

string

virtio-scsi

no

VMのみ: デバイスのバスを上書きする(nvmevirtio-blk、またはvirtio-scsi

io.cache

string

none

no

VMのみ: デバイスのキャッシュモードを上書きする(nonewritebackまたはunsafe

limits.max

string

-

no

読み取りと書き込み両方のbyte/sかIOPSによるI/O制限(limits.readlimits.writeの両方を設定するのと同じ)

limits.read

string

-

no

byte/s(さまざまな単位が使用可能、ストレージとネットワーク制限の単位参照)もしくはIOPS(あとにiopsと付けなければなりません)で指定する読み込みのI/O制限値 - I/O 制限値の設定 も参照

limits.write

string

-

no

byte/s(さまざまな単位が使用可能、ストレージとネットワーク制限の単位参照)もしくはIOPS(あとにiopsと付けなければなりません)で指定する書き込みのI/O制限値 - I/O 制限値の設定 も参照

path

string

-

yes

ディスクをマウントするインスタンス内のパス(コンテナのみ)

pool

string

-

no

ディスクデバイスが属するストレージプール(Incus が管理するストレージボリュームにのみ適用可能)

propagation

string

-

no

バインドマウントをインスタンスとホストでどのように共有するかを管理する(private (デフォルト)、sharedslaveunbindablersharedrslaverunbindablerprivate のいずれか。完全な説明は Linux Kernel の文書 shared subtree 参照)

raw.mount.options

string

-

no

ファイルシステム固有のマウントオプション

readonly

bool

false

no

マウントを読み込み専用とするかどうかを制御

recursive

bool

false

no

ソースパスを再帰的にマウントするかどうかを制御

required

bool

true

no

ソースが存在しないときに失敗とするかどうかを制御

shift

bool

false

no

ソースの UID/GID をインスタンスにマッチするように変換させるためにオーバーレイの shift を設定するか(コンテナのみ)

size

string

-

no

byte(さまざまな単位が使用可能、 ストレージとネットワーク制限の単位 参照)で指定するディスクサイズ。rootfs/) でのみサポートされます

size.state

string

-

no

上の size と同じですが、仮想マシン内のランタイム状態を保存するために使われるファイルシステムボリュームに適用されます

source

string

-

yes

ファイルシステムまたはブロックデバイスのソース(詳細はディスクデバイスの種類参照)